メンバー

蟹江しほ (かにえ しほ)

愛知県名古屋市出身。

民謡・端唄の歌手、三味線演奏家。

蟹江尾八・蟹江礼子らと共に座敷民謡と端唄、アレンジ民謡ユニットなどにてライブコンサートを展開する。

また「民謡と端唄 蟹江流」において家元である蟹江尾八の補佐役として後進の育成にも力を注いで

いる。

「尾鷲節」「十四山音頭」など各民謡コンクールで数多く優勝している。

メンバー

蟹江礼子 (かにえ れいこ)

愛知県名古屋市出身。

民謡・端唄の歌手、三味線演奏家。

蟹江尾八・蟹江しほらと共に座敷民謡と端唄、アレンジ民謡ユニットなどにてライブコンサートを展開する。

また「民謡と端唄 蟹江流」において家元である蟹江尾八の補佐役として後進の育成にも力を注いで

いる。

「尾鷲節」など各民謡コンクールで数多く優勝している。

監修

蟹江尾八 (かにえ びはち)

愛知県名古屋市瑞穂区出身

民謡と端唄 蟹江尾八会主宰 蟹江流家元

民謡、端唄の歌手と三味線奏者

「名古屋甚句」「岡崎五万石」で全国的に数多くの賞を取得している。

座敷民謡、中京端唄の弾語りを中心とし、地元の埋もれた民謡の発掘と採譜、また作詞作曲を多く手掛ける。

2016年に「愛知県民謡集 第一巻」を発刊 53曲を掲載し、現在「第二巻」を製作中

近年、蟹江尾八会三味線合奏団を率い、三味線アンサンブル(民謡 抒情歌 歌謡曲 ポピュラー)を展開している

飛騨のうた 監修

堀尾雄二 (ほりお ゆうじ)

同志社大学文学部英文学科卒業

通訳ガイド国家免許取得 教員歴35年

県民俗音楽会会員・飛騨学の会会員

現在、果樹園経営

著作

飛騨の民謡「ひだびとの唄」

​飛騨の歴史書「飛州志(現代語版)」他

伊勢音頭 監修

加藤訓峯 (かとう さとみね)

加藤流三絃道総師範

全国伊勢音頭連絡協議会副会長

三重県支部支部長

訓峯会会主

津軽三味線民謡三味線の他長唄、端唄、三線などを

手掛ける。

監修

西川千雅 (にしかわ かずまさ)

日本舞踊西川流四世家元

日本舞踊家。毎年9月「名古屋をどり」等で幅広く活動。92年NYの美大を卒業、古典の他、パフォーマンスをNY、名古屋能楽堂で行う。2000年ハノーバー万博、2005年愛・地球博開会式出演。2010年名古屋開府400年式典一部演出。にっぽんど真ん中祭りではチームプロデュース。ミュージカル、歌舞伎、ドラマに出演。元東海学園大学講師、愛知淑徳大学非常勤講師。全国で行われるのNOSSの認定インストラクターを養成。名古屋外国語大学客員教授。2014より名古屋市「やっとかめ文化祭」ディレクター。2015よりPrincess Samurai of JAPAN あいち戦国姫隊 代表。2016国民文化祭総合プロデューサー

舞踊 監修

三代目 角田洋若 (つのだ ようじゃく)

東京都出身。幼少より父、日本民謡舞踊・角田流二代目家元・角田洋若より手ほどきを受ける。1994年角田流三代目家元継承。日本国内での公演のほか、文化交流使節団として海外公演にも多数参加。現在は(財)日本民謡協会民舞教授、日本クラウン(株)専属振付師、クラウン邦楽舞踊協会理事、日本民族舞踊家協会常任理事、日本民踊舞踊連盟顧問講師を務め、テレビ、舞台、CD等の振り付け、舞台演出など、活躍中。

カメラマン

夏目健司 (なつめ けんじ)

1971年 愛知県生 名古屋市在住 演者のプロフィール写真撮影を担当。また、プロジェクトに賛同し、自身がこれまでに撮影した風景写真を提供する。10代の頃より写真に興味を持ち、撮影を開始。20代後半より出版社に勤務し、退社後は名古屋の写真プロダクションに在籍して写真撮影、ニュース取材等に従事。2005年に写真プロダクションを離れて独立し、以降ニュース写真を中心に撮影する。現在は故郷の愛知県奥三河地方の風景をはじめ、各地の山村の風景を記録している。

​御支援、御協力を戴いた方々

田口眞一様(高山民謡保存会会長)

上仲豊和様(長唄指導者)

錦春様(小唄錦派四世家元/桑華連芸妓)

御会所 心音様(第1回中部のうたを聞く会 開催会場)

​穏の座様(第2、3回中部のうたを聞く会 開催会場)

爲三郎記念館様 (国登録有形文化財/古川美術館 分館) 

他、沢山の皆様に御支援、御協力賜りました事、心より御礼申し上げます。

​ホームに戻る